「食」を躾けのベースにする

食べ方、スプーン、箸の持ち方などではなく

食べるもの、食べさせる物に対しての部分を躾けと考える、これはとても大切な事。

どういうこと?

母子手帳や育児書などには、「子育ての躾」部分になると、持ち方、持ち物、食べ方、言葉などに偏りがちですが。

「食」をベースに考えると

その子の基本の身体づくりができます。

丈夫な身体のための食を教える、

免疫力を持ち合わせた身体を作るための食を教える、

病気から自分を守れるようになる、

自己肯定感がプラスに働く子ども

日々の集中力が上がり学校の成績UPが期待、

人に対して思いやりを持った考え方ができる子になります。

「食」何を食べて何を食べないのか、大切な事は何なのか

食をベースにしつけを考える、これが賢い子育てです。

持ち方や食べ方は「人から見たら」という他人軸ですが、

食べるものは自分の基本、自分軸、子どもの精神力にも伴うものとなります。