子育て・育児 大切なこと

生まれたばかりの赤ちゃんの扱い方、わからない、どうすればいいの?

これは、ママになったばかりの人みんなの悩みです。保育資格があっても幼稚園教諭の資格があっても悩みます。朝から晩まで、生活を共にする何もできないコミュニケーションを交わすことのできない相手だから悩んで当然です。(協会の資格を取りにきていた方の多くはこう言った職業の人でした)

0歳児、1歳児に日常的に使う交わす言葉、与えなければいけない運動機能、最も大切な食(離乳食、ミルク、母乳)についてなど、ママの知識の深さが子どもをどう成長させるのかにかかってきます。

大人になると、いつの間にか知っていることが当たり前になり、知らない事を知らないといえなくなってしまいます。特に子育てに関しては、世の中的にも世間の意見が厳しめです。

でも、できない、わからない事をやり続けた結果が今の日本の現状です。子どもの虐待、自殺、うつ病や引きこもり、いじめ問題など、どれも原点は家族、ママ、パパにあります。

一番大切な0、1、2歳児、ここで多くの知識を持ち育てることがとても大切です。しゃべらない、要求は泣くだけだから、何もしなくていいのは間違いです。この時期の声掛け、接し方、与え方が後の子どもの自己肯定感を育てます。この時期がとても大切でママとパパが与えることがたくさんの時期です。

ママとパパだけの経験値で育てるだけではもったいないです!!

大人一人一人がもっと素直でいいと思います。

できない、わからない、助けて、といえる人になりましょう。

私もまだまだ知らない事たくさんあります。若い方から学ぶこともたくさんあります。

生きている今日に感謝して、学べる事を嬉しく思っています。