吉田 千佳子
 

人との縁があって、プライベート岩盤浴を10年、その後3,4年ほど仲人型の結婚相談所を経験。

岩盤浴に来て下さるお客様からは、単純に同じ会社の仕事だけを経験していたのでは出会えない人達との遭遇、会話、教示など、本当に自己への心の深い学び。第三者だからこそ話せる心の内側、みんな多くのストレスを抱えて癒しを求めて生きている、なぜなら、人は見かけほど幸せではないという現実。

 

その時間の中に自分の子の病気や妹の病など・・・ほかにもお金の問題や、経営の難しさ、人との繋がりの在り方、自分自身が行動したことにより起こしてきた心の問題など。今の自分に向き合うためにも、私にとってとても必要な時間だった事。愛のある言葉が心を感動させたり、本当の喜びを感じた時間。

 

幸せを考えて、結婚相談所という仕事の選択。しかし、自分自身の考える結婚からは何かが大きく違う、本人が何を望み、どうしたいのか、自分の意思決定ができずご両親が深く関与しているなど、この時代に昔の拘りが強い相手選び、なにかが違うアンバランスな社会状態、心理を学んでみようと勉強。

 

一般の心理カウンセラー養成講座・メンタルトレーナー養成講座修了するも、家族、特に親子の部分は内容が割愛されている場合が多く、子ども・親子関係について学びたく、さらに子育て心理カウンセラー、子育て心理上級カウンセラー、JCCA認定子育て心理講師の資格を取得。

 

自分の頭の中にあっても言葉で説明するのは難しく、理解できないことを全く別の立場の人から言われる言葉はとても有意義なものばかり。

 

親と子の子育て心理を学んだ講座では、子どもから大人への脳の働きが関与、科学者たちの教示から理論だてた説明があり、引き込まれるように時間をかけて勉強。自分自身の子育てでは「これがこうだったのかな?」そう思いながらも学んだ内容を経験値から話すのと、理論がある知識を話すのでは説得力が大きく違う。説明できない部分がきちんと理論だてられた事で、これを今の親子関係、家族関係、子どもに対する不安を持ちながら子育てする母へ、親に対する不安で悩んでる方たちへ伝える事、知ってもらう事が自分の役割、未来の日本を明るくしたい、幸せな家族を増やしたい、子供の笑顔を大切にしたい。

 

考え方の基本は思考・感情、脳の発達。脳に蓄積された知識や情報で物事に対応しようとすることから。

家族のこうするべき、こうでなくてはならない、自分以外の意識達が作り上げた潜在意識に影響されて、常識や固定概念によって生まれる繰り返しの世界。

「自分の幸せを考える」とは自分にとって大切なもの、「心が感動すること」愛がある事。

 

中山理事長はこう言います。

【「人は安定した人生」を歩むために存在しているのではない、人間は、世のため人々のために役立つために存在している、人々に喜ばれ、感謝され、必要とされ、かけがえのない人と思われることに喜びを感じる。自分の存在の価値や尊さを、生きて活動し続けてこそ幸せを獲得できる。

短所も、欠点も、不得手も、ミスも、不出来もすべを許容して愛するのが真の愛情。

人間は誰かに愛されていなければ生きていけない。必要とされ、感謝され、役立つ関係や場所がなければ生きていけない。世の中や社会に、自分を必要とする人がいる。自分にできることがある。喜ばれて感謝されて役立つ自分がいることが幸せの原点。】

 

人の数だけ「幸せ」の形があります。

自分に当てはまる形はどんな形なのか・・・子供が自立した時に「育ててくれて、産んでくれて、ありがとう」と言ってもらえる喜びは感無量です。

「悩み」「不安」「焦り」の先には必ず「幸せ」があります。一緒にご相談者様の「幸せの形」を探していければと思っております。

「不安」「焦り」「恐怖」はあなたが真面目で聡明である証です。些細な悩み、不安な気持ち、心の声を聞かせてください。

1人でも多くの母と子どもが幸せになりますように、お母様の不安や悩みの軽減・解消をお手伝いさせて頂きます。

  •  
  • 個性分析アドバイザー
  • 「子育て心理カウンセラー」「子育て心理上級カウンセラー」「子育て心理講師」
  • 心理カウンセラー・メンタルトレーナー養成講座修了
  • スピリチュアルカウンセリング