年々深刻化する「引きこもり」「こもる人々」・・・

年齢を超えて大きな広がりを見せ、引きこもり・こもる人は高年齢化が進んで改善の兆しがなく大きな社会問題になっています。

なぜ現代人は、そうした状況に追い込まれてしまうのでしょうか。生きずらい社会を生き抜くためにはどうしたらいいのでしょうか。

育てられ方・過ごした環境から理解するこころの中

人間の個性は極めて幅の広いもので、さらにそれぞれに長所と短所をもっています。

たとえば、ストレスを感じやすい心配性というのは、慎重に用心深く歩むという良い面があります。それに対して、ストレスを感じにくい楽天的な性格は、活発で前向きだけれども、向こう見ずという短所をもっています。

そのため、個性というのは気に入らない所だけを変えるという事が出来ないものだとの気づきがあったといいます。

コミュニケーション力を指数化する心理テスト「ACS」を独自に開発したコミュニケーション・クオーシェント協会会長 和田真雄先生は自分自身がストレスを感じやすい心配性な性格で、長い間心の落ち込みに悩まされ、ストレスを感じやすい自分の心を改善する道を探し求めながらカウンセラーになり多くの人の心を観察し、さらに個性についての研究を進めてきて理解したことだったといいます。

個性はそれほど簡単には変えられるものではありません。

でも自分の個性の特長をしっかりと意識して、その個性に添った生き方をすれば、自分のもっている力を十二分に発揮できるものでもあるといいます。

逆に、自分の個性を否定して、自分には馴染まない生き方をすると大きなストレスを感じ、さらには破綻してしまう事もあります。

多くの方とのカウンセリングから、それがわかっているからストレスを感じないように自分を変えるという事をやめて、自分の力を発揮できる生き方を見つけて、ストレスを最小限にするという個性分析からのカウンセリングを心がけました。

心配性の自分のありのままを受け入れ、心配性の良い面をしっかりと意識して自分の個性に添った生き方を見つける事で、自分らしい生き方ができるようになれば、ストレスを最小にすることができます。

落ち込み、不安、先が見えない、何もかもがうまくいかない、
このままじゃいけない、何とかしたい、どうしたらいいんだ?


わからない自分・潜在意識の中の自分を受け入れなければならないので、「自分を受け入れる」という事がとても難し苦しい状態です。

だからこそカウンセリングでは丁寧にその人の個性を説明、さらに「個性に善い悪いはない」と話しながら「確かにそれが自分の すがただ」という自己受容に導くことを心がけています。

どのような人間であっても、自分のありのままの姿を受け入れる事が、健やかな自分らしい生きる原点になると確信しています。

本当の自分はどこにいますか?

それを考えるのがとても大切な事です。

潜在意識の中の自分を理解する、親からの育てられ方と育ってきた環境が大きく関わってきています。

脳は「忘れる」という特性をもっていますが、記憶は消せないのです。
新陳代謝はせず、刻まれたものがそのまま潜在意識の中に残っていきます。


20歳になったら大人です。心と身体と脳はしっかりと今までの育歴から刻まれています。 今の仕事に違和感、人間関係、家族の問題、主婦でこもりがち、親には話せない悩みなど・・・

今からでも変わりたい、どうにかしたいと願っている気持ちを打ち明けてみてください。

過去ではなく未来の為に生きていきましょう。

全ての人が自分らしい健やかな幸せな人生を取り戻すことを願って、カウンセリングを行っております。

相談申込はこちらから

性別
男性女性

相談種別
恋愛相談夫婦相談親子相談産後ママ訪問サポート

料金表
メールでのお問い合わせ…無料
ご相談…10,000円/90分
ご相談+CQ診断(1名)…15,000円/90分
ご相談+CQ診断(2名)…17,000円/90分

希望日