亡き妹からのメッセージ

癌?母体からの転移?

何が何だかよくわからない、でも話によれば小児がんではなく通常の肺がんだという事。それから、抗がん剤治療、その後様子を見て小さくなっていれば、手術をという話でした。

体が小さく抗がん剤を使うことで免疫力が下がるため、病室隔離。

身内であり身内でなくお見舞いも行くことが出来ず、日々様子を聞くだけ。

保育園のお友達とも遊べず、一人で病院のベットで耐える毎日がどれだけ続いたか、なんでこんなことが起こっているのか本当につらい現状でした。

抗がん剤がワンクール終わるごとに、少し帰宅。そんな事を繰り返し、様子を見ながら、少しづつ小さくなった癌を切除する手術。

調子の安定している時に会うことが出来ました。体は小さくやせ細ってしまい痛々しい限りでしたが、癌は切除できて、後は様子を見ていくというところまでに。

生きててくれてよかった。心の底から良かったと。

それからしばらくしたある日、夕方のTVニュース。(yahooニュースにも一時掲載されました。)

母の子宮頸がん、子に移行・・・・母親の子宮頸がんが出産時に羊水に混入し、誕生してきた赤ちゃんが癌に。という論文が発表されました。日本ではまだ2例しかないそうですが、このうちの1例だったそうです。

こんなにも身近でたくさんの事を教えてくれた妹、その家族。

生きていたくても生きていくことができなかった人のいる世の中で、あなたは家族を幸せにしていますか?

どんなにお金があっても健康でなければ、自分はおろか一番大切な家族の時間、肉体的、精神的、後遺症や障害などの心配事などの負担は増えるばかり、大事な家族の時間と家族の健康まで奪ってしまうかもしれません。

闘病を見つめて、医療はあくまで対処療法である事、命には必ず限りがある事、人間は死する時から考え、今、何をするかという時間の大切さを考える事、そして自分の家族のために健康な毎日を過ごす事は相手の幸せのためでもあるという事を深く学び考えさせられました。

お金以上に大切なのは「健康」「命」です。いつまでも家族幸せに暮らしたい、そう願うのであれば、まずは自分の健康、そしてパートナーの健康、子どもの健康、そして相手を思いやる心、言葉、行動を実行する事。

幸せ家族の思い 、愛、「死」と向き合い懸命に戦った妹とその家族から様々な大切な事を学ばせてもらいました。

今、改めて感謝の気持ちを込めて「ありがとう」。