新しい健康家風を育てる

健康がないと幸せはありません。どんなにお金があっても健康は買えないからです。

幸せとは、まず生きている事、自分の新しい家族みんなが健康で元気である事です。

人間の健康とは、心と身体の習慣の1つの産物でもあります。

人は物理的な環境と精神的・心理的な環境の中で、それぞれ自分なりの生活スタイルを持って暮らしています。

それが本当に健康を指向したスタイルであるか、まったく正反対のものであるかによって、長い間に大きな健康上の違いが出てくるという事をつくづく感じます。

子どもはまずは与えられて育ちますから、親の生活の生活習慣が子どもの身体を作ります。

これだけ医学が発達してきたのに病気は増える一方であるこの現代においては食事の質について考えたことがあるか、ないかで健康に良い習慣、悪い習慣も子どもに引き継いでしまう事になります。

また、生まれてくる子どもたちのためには出産前から、次の世代の健康つくりを始めるという意味で今までの栄養学ではない健康・栄養について学ぶべき時が来ています。

アトピー、アレルギー、不妊、発達障害、引きこもり、鬱などここ数年の間にあちらこちらで増えています。これは単に出産する女性の高年齢化だけではありません。時代背景と共に私たちの食事が一番変化したのです。

私たちの身体は食べたものでできています。食べたものが栄養のバランスの悪いものだとしたら体はどんどん蝕まれていきます。

現代の病気、毎日の食事が作ったとしたらどうでしょうか?

知らない、気が付かない親や周りの人と同じでは、同じことを繰り返すことになります。それ以上かもしれません。

また、考えない、疑わない、医学でなんでも治せるは残念ながら限界があります。高齢化社会で寿命も世界トップクラスではありますが、寝たきりのままで何年も過ごしている老人が多いのも事実です。

子どもの英才教育や天才クラブもいいです、でも愛情を注ぎ集中力を持った落ち着いた子どもに育てる事の方が先です。子どもを産み育てる、これはママ・パパの思考力、危機察知能力が子どもの将来に大きく関係してきているという事をしっかり考えてみてください。これからの時代は予防医学です。赤ちゃんを授かったら予防栄養学もしっかり学ぶ必要があります。

あなたの家族は、あなた自身で健康家風の幸せを実現してください。

狭い世界の枠を超えて世界を見渡した健康に目を向けてください。

ママ・パパの子育ての知識、栄養面と精神面、新しい家族を幸せに導きます。